固定電話も活用して情報社会を生き抜く|通信活用術

男性

ビジネスホンは必要か

オフィス

会社の規模が大きくなり、「ビジネスホンを増設したいけど新品で買うには少し高いかな」と思っている方はいるでしょう。ビジネスホンを中古で買った場合、色々と調整が必要で専門的な知識を要します。調整してくれる企業が少ないのも事実です。
最近、ビジネスホンを中古注文された後に業者さんが調整してくれ、届いてから線をさすだけで使える事も可能な中古販売店も存在するようです。中古販売は価格が安く、新品で購入するよりもコスト減らすことができます。
ビジネスホンとは、主装置と専用の電話機の組み合わせたものの総称です。自宅用電話では受けた人が離れた場所にいても、電話機の所まで移動しなければいけません。また、会社でも同様に同じ社内であっても内線しかできないため、社内の部署間で連絡することで通話料が発生します。ビジネスホンにすれば内線通話や必要最小減の回線をより多くの内線電話で利用できるため、月々の基本使用料が削減できるなどのメリットがあります。
ですが、中古販売を利用し機材を揃え、新規契約しても高額な買い物には違いありません。ビジネスホンは機能や契約などで複雑な部分があり、新規で契約する場合には業者によっては、高額な契約や不必要な商品を販売される可能性があります。ビジネスホンはあると便利ですが、会社の規模や用途によっては家庭用の電話機でも十分に対応できることもあります。
ビジネスホンの導入を考えている方は、一度しっかりと情報を集めてから慎重に判断する必要があるといえます。

Copyright© 2016 固定電話も活用して情報社会を生き抜く|通信活用術 All Rights Reserved.